2014年09月15日

【iPad JB】iPad + iFile + SDカードカメラリーダーで快適環境

久しぶりの投稿です。

IMG_0050.JPG
Lightning-SDカードカメラリーダーは
通常はデジカメの写真をiPadに取り込むだけの読み取り専用ですが、脱獄環境で使ってみると、任意のファイルを読み書きできるSDカードリーダー&ライターになることがわかりました。

これはかなり便利ではないでしょうか。主な用途・利点としては、
・デジカメで撮影したファイルを、写真アプリを介さずにGoodReaderに取り込める
・任意のファイル(PDF)をSDカードに書き出せば、セブンイレブンで印刷できる
・WifiタイプのSDリーダーよりずっと速いし、リーダーを充電する必要がない
てなところです。

ネット上でよく見かける情報としては、iPad用のSDリーダーは写真の取り込み画面が開いている時だけマウントされていてこの画面を閉じるとアンマウントされてしまうので、脱獄環境でSDカードを読み書きするにはコマンドラインからmountコマンドを実行する必要があるとか、
iPhoneでカメラコネクションキットを使えるようになる有料Cydiaアプリ(といってもSDカードは読めないみたいですが)の情報ばかりでした。
それでSDカードリーダーを活用するのはあきらめていたのですが、いざ使ってみるとなんてことはない、脱獄してCydiaからiFileをインストールしてある状態では、iPad に SDカメラカードリーダーを接続するだけでiFile上に「フラッシュメモリ」というディレクトリが表示されるので、任意のファイルをiPad・SDカード間で双方向にコピー・移動ができるようになっていました。これは便利です。

iOSのバージョンやデバイスによるのかもしれませんので、使用した環境を書いておきます。
iPad mini Retinaディスプレイモデル(Wifiモデル)
iOS 7.1.2 (Pangu 1.2で脱獄)
iFile 2.0.1 (シェアウェア支払済)
Lightning-SDカードカメラリーダー(Apple純正品)

【2015.1.7追記】
iOSのバージョンが8になり、SDカードが使えなくなる現象がありました。私の試した事と、ネットで調べた情報をまとめておきます。
@iOS8.1をPanguで脱獄した場合→SDカードリーダが使えなくなります。非脱獄で使えたはずのSDカードから写真アプリへの取り込みもできなくなってしまいます。入獄すると元に戻ります。
AiOS8.1.1をTaiGで脱獄した場合→SDカードから写真アプリへの取り込みは可能になりました(入獄状態でできることと同じです)。しかしiFileには表示されず、ファイルを操作することができません(マウントされない状態です)。なお、海外のサイトによるとSDカードをMacでHFS+形式でフォーマットした場合のみマウント可能で、iFileから読み書きできるそうなのですが、私の場合はiFileに表示されませんでした(iPadMini2,iOS8.1.1,iFile2.2.0-1, 4GBのSDカードをMacOS拡張(ジャーナリング)でフォーマット)
BiOS8.1.2をTaiGで脱獄した場合→上と同じ海外サイトには、HFS+でフォーマットすればiFileで問題なく使えるよ、自動的にマウントされるよと書かれていますが、まだ試していないのでなんとも言えません。
HFS+でフォーマットしてしまうとデジカメで使えなくなるはずです。
今のところデジカメで撮影したデータをiFileに直接取り込むのは無理そうです。


IMG_0049.PNGIMG_0051.PNG
posted by botema at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | JB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。